Applepencil

MacOS

151 新MacOS「Catalina」注目すべき7つの新機能!

更新日:

2019年10月8日に最新のMacOSである「Catalina」が配信開始されました。

今回配信された最新MacOS「Catalina」の特徴は、最新OSでありながら、過去のOSに比べ、大幅な改編や新たな新機能を並べただけではなく、この数年続いたMacOSの路線も踏襲しながらも、新たな新機能もしっかりと追加されたものとなっています。

その新たに追加された新機能のなかでも、とても興味深い機能に「Sidecar」という機能があります。この新機能は、Macに接続することで、iPadをサブディスプレイ化する新機能です。

この他にも音楽データの管理をおこなっていたアプリ「iTunes」が3つのアプリケーションに分かれることになりました。

このように、新たな新機能が追加されている最新MacOS「Catalina」ですが、その新たな新機能のなかから、今回は注目すべき7つの新機能をご紹介してみようと思います。

Catalina新機能 其の壱「iTunesが3つに分かれた」

iTunes

今回配信された新OSの新機能で、大きな変更点であるのが「iTunesが3つに分かれた」ことです。

これは、今までiPodの登場以来、「iPod」「iPhone」「iPad」の管理や、音楽データなどの管理を行なっていたiTunesが「Apple Music」「Apple TV」「Apple Podcasts」の3つの新しいアプリケーションに分けられました。

「Apple Music」では、アプリケーションにある5000万以上の曲やプレイリスト、ミュージックビデオをストリーミングで楽しむことができます。もちろん、すでに持っているライブラリやコンテンツは新しいアプリケーションに引き継がれます。

「Apple TV」では、Apple TVチャンネルや映画コンテンツを楽しめる他、11月1日(米国時間)からスタート予定の「Apple TV+」にも対応しています。

この「Apple TV+」は7日間の無料トライアル終了後、月額600円(税込み)の映像配信サービスで、新しいiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはApple TVを購入すると1年間無料というお得感満載のサービスです。そして「Apple Podcasts」では、アプリケーション内にある膨大なコンテンツを自由に選び視聴ができるサービスを楽しむことができます。

なお、iTunesが3つに分かれた後でも、今後も引き続きiTunes Storeから、Mac、iOSデバイス、Windowsパソコン、Apple TVで音楽を購入することができます。

Catalina新機能 其の弐「iPadがセカンドディスプレイになる」

iPadとiMac

「今使っているMacの画面が小さいのでもう1つディスプレイを増やしたい」

また「手持ちのiPadをサブディスプレイ化できれば・・・」今回配信された新OSには、こんな方にとてもおススメの新機能が装備されています。

その新機能とは「Sidecar」という機能で、この機能ではiPadをMacのサブディスプレイとして使用できるようになります。今回配信された新OSの機能の中でも、この機能を待っていた方も多くいたのではないでしょうか。

この新機能を使うとiPadをこんな便利に使えるようになります。

1.iPadをiMacやMacbookに接続してサブディスプレイ化することができるようになります。
2.MacbookにiPadを接続できるので、外出先でもiPadをもう1つのディスプレイとして使うことができるようになります。
3.iPadをMacbookに接続すると、Macbookの画面表示をほぼ倍にすることができます。
4.そしてこの機能は有線でも無線でもOKです。

この機能を使うことで、画面の小さいMacbookを外出先などでも複数ディスプレイ化することができ、デスクトップPC並みの画面表示を再現することもできるのでとても便利な機能です。

Catalina新機能 其の参「iPadアプリがMacで使える」

アプリ画面

iPad向けに開発されたアプリケーションをMac端末でも使えるようにしてくれるのが「Catalyst」という新機能です。この機能はiPad用のアプリをMacでも動作可能にしてくれます。

例えばTwitteやFacebookなど、今まではMac以外のiPadやiPhoneなどで使用されることがメインだったアプリもMacで使うことができるようになります。さらにこれ以外のアプリでもAsphalt9や、Legends、DC Universe、Jira、TripIt、FenderPlayなどの、複数のアプリが既に動作可能になっているようで、今後もiPadアプリをMacでも動作させることがさらに簡単になっていくようです。

もともとiPad向けに開発されたアプリをMac端末で使えるようにトランスフォームしてくれるのが新機能Catalystですが、近々、TwitterとTripItがこれに対応する予定で、今後、どんなiPadアプリがMacに拡大してくるのか楽しみでもあります。

今後は、iPadアプリのMacへの移行が新しい技術により開発者にとってより簡単になるとAppleから発表されたようです。また、Asphalt9をはじめ、Legends、DC Universe、Jira、TripIt、FenderPlayなど、複数のアプリが既に対応しているようです。

Catalina新機能 其の四「写真アプリが便利にキレイになった」

スマホで写真撮影

iOS/iPadOSでもアップデートされた写真アプリ「Photos」が、今回の新MacOS「Catalina」でもアップデートされました。

今回のアップデートでは、重複して保存している写真などを取り除き、あなたのライブラリにあるベストショットをスクリーンショットなどよりも優先的に表示してくれるようになりました。

アプリに保存した写真が、日・月・年ごとに整理された状態で表示されるので、保存した写真を後から簡単に見つけることができ、時系列で管理することが簡単にできるようになりました。さらに保存した後もそれぞれの写真のプレビューが大きく表示されるので、写真を後から見つける際にとても見つけやすくなりました。

アプリに保存後は「すべての写真」で表示するとグリッド形式によってあなたのすべての写真とビデオを表示してくれます。この機能によってアプリに保存している写真を拡大しプレビューで大きく表示することもできますし、逆に縮小して撮った写真のコレクション全体を一度に確認することもできます。

Catalina新機能 其の五「メモアプリがブラッシュアップされた」

macbookとiPhone

今回の新OSに搭載されたメモアプリもブラッシュアップされ、とても便利な機能が追加されています。

表示に関して今まではリスト形式のみの表示だったのがサムネイル表示にも対応できるようになり、これによって数多く保存されているメモの中から探したいメモを探しやすくなっています。

また検索機能も強化されていて、メモに添付した画像の中身を検索機能が認識します。さらに内蔵された書類スキャナによってスキャンしたアイテムなどに含まれている特定のメモやテキストだけを検索することが可能になりました。この機能を使うとクリックするだけで検索候補も表示されるのでより効率よく作業をおこなうことができます。

そしてメモの共有も可能になりました。この機能はメモを複数人の家族などで編集するときなどにとても便利な機能です。

例えば家族が買い物をして欲しいものがある時などにメモ帳にチェックリストを記入しておき、別の家族がそのメモ帳に記載された物品を確認しながら買い物をすることも可能になりました。

Catalina新機能 其の六「Macを探す機能もブラッシュアップされた」

iPhoneなどのApple製品

今回新OSに「Find My」というアプリが新たに加わりました。

このアプリは、あなたのiPadやMac、iPhoneを地図上で簡単に見つけることができるアプリで、あなたが持っているMacやiPadなどのデバイスが盗まれたときや紛失してしまった時に大活躍してくれるとても便利なアプリです。

例えばあなたのMacが紛失したことを通知すると、紛失したMacの近くに他者のAppleユーザーのMacやiPadなどのデバイスがあると、そのデバイスがあなたのMacやiPadなどから発信されるBluetooth信号を検知して、探しているデバイスの位置情報をあなたにお知らせしてくれます。

この位置情報を知らせてくれる機能は、探しているあなたのデバイスがWi-Fiにつながっていない状態であっても、クラウドソースによる位置情報を使って、デバイスを探すこともできます。またこの機能はデバイスがスリープ状態でも可能で、他者があなたのデバイスを探知した際にはiCloudに場所をアップデートしてくれます。

当然のことですがこの機能は完全に匿名で行われ、通信は暗号化もされているのでプライバシーへに配慮もしっかりとされていて、第三者には紛失したあなたのデバイスの情報はわからないようになっています。

Catalina新機能 其の七「Apple Arcadeでゲームを遊べる」

iPhoneとmacbook

Appleのゲームのストリーミングサービスが「Apple Arcade」です。

これまではiPadやiPhoneでゲームのストリーミングサービスを楽しむことができましたが、今回配信された新OSのCatalinaではMacでもゲーミングサービスを利用することができるようになりました。このストリーミングサービスでは、月額600円(税込み)で登録しているゲームが遊び放題になるというものでAppleStoreのAppleArcadeからアクセス可能で、今なら1か月無料で試すことができます。

これまでもAppStoreにも無料で遊べるゲームは数多くありましたが、Apple Arcadeのゲームには広告が表示されることもなくゲーム内で課金することもありません。しかも今までiPhoneやiPadでプレイした続きをそのままMacでプレイできるので、引き続きMacやiPad、iPhoneなど多くのデバイスで楽しめるのもとても便利な機能です。

現状では配信されているコンテンツも少ないですが、今後ラインナップも拡充されるようなので今後がとても楽しみな機能です。

Mac新OS「Catalina」にアップデートをする前に注意すべきこと

バグ発生

ここまで、Macの最新OSである「Catalina」について、今回初めて搭載された新機能や、過去の機能のアップデート、または一部機能の変更などについてご紹介してきましたが、PC関連のアップデートや、新サービス開始などにはどうしても一部不具合や予測しなかったトラブルが起こる場合もあります。

今回最新されたMac新OS「Catalina」についても、アップデート後に一部不具合や、アップデートできなかったなどの報告もあるようです。

そこでそのようなトラブルに事前に備えるために、アップデートする前に注意すべきことについてまとめた記事がありますので、これから「Catalina」にアップデートを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

※Mac新OS「Catalina」にアップデートをする前に注意すべきこと

新OS「Catalina」の新機能についてまとめます

iMacとiPhone

2019年10月8日に最新MacOSである「Catalina」が配信開始されましたが、今回はここまで「Catalina」の新機能の中から、とても便利な機能を7つに絞ってご紹介してみました。

今回配信された新OSですが、多くのMacユーザーに支持されてきた機能も残しつつ、新たな機能を追加したイメージとなっています。

また、新たに追加された新機能の中で目もつくものとして、iPadやiPhoneで使われてきたアプリがMacでも使えるようになったことや、iPadをサブディスプレイ化できるようになったこと、また、紛失や盗難にあった際の位置情報機能が強化されたことなどがあります。

これ以外の新機能についても、とても便利な機能が備わっていて、以前からのMacユーザーだけでなく、新しいユーザーにとっても満足してもらえるOSであると思いますので、ご興味ある方はぜひアップデートしてみて、最新OSを体感してみてください。また、アップデートする際の注意点などについても、ご紹介している記事がありますので、ぜひそちらの記事も参考にしてみてください。

※Mac新OS「Catalina」にアップデートをする前に注意すべきこと

ご自身でアップデートが上手く出来なかったり、失敗してしまった場合は・・・

今回ご紹介しましたmacの新OSへのアップデートですが、ご自身ではやり方がわからないとか、途中で失敗するなどアップデートが上手くいかなかった方は本ブログを運営している株式会社アーストまでご相談ください。

Macのトラブルならアーストにご相談ください。


Macのトラブルならアーストにご相談ください。

-MacOS
-,

Copyright© MacMac.jp , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.