アプリ・周辺機器・ネットワーク ネットワーク

065 Macで使いたいオンラインストレージを紹介!

更新日:

最近は個人でも複数台の端末を使うことが多いですよね。例えば、Macを自宅で、職場でWindows、携帯電話はiPhoneといったように、マルチデバイスでファイルを管理するのには、オンラインストレージの利用をおすすめします。

というのも、オンラインストレージを利用すれば、インターネット環境さえあれば、複数台の端末から同じファイルにアクセスできるようになります。また、複数人で作業を行なっている場合、オンラインストレージを使えば、効率よく作業が可能です。

インターネットのメリットをふんだんに活かしたオンラインストレージですが、今回はMacで使いたいオンラインストレージをまとめてみます!

定番のiCloud


iPhoneやMacを販売しているアップル社が提供しているオンラインストレージ・iCloud。デフォルトでは無料で5GBの容量を利用できます。

特徴として、アップル製品との親和性が非常に高い点が挙げられます。

iPhoneとMacのiCloud

iPhoneの付帯機能の一つとして、充電時にWi-Fi環境があれば自動的にiCloudにファイル(写真や動画)やアプリデータ・メールといったデータを保存してくれます。iCloudへ保存されたファイルはMacから参照することができ、iPhoneのファイルのバックアップ、写真などのデータの共有がiCloudで実現することができるのです。

MacのiPhotoアプリからインターネットに接続すると、iPhoneで撮影した写真を自動的に読み込む機能もあります。ただ注意しておきたいのは、データ通信がかなり発生してしまうので、モバイルWi-Fiルーターを利用するときのiPhotoの起動は注意しましょう。

老舗のDropbox


次はオンラインストレージの老舗・Dropboxを紹介します。

Dropboxは、WindowsやMacなどのファイルをUSBメモリのように、保存できるオンラインストレージです、専用のアプリケーションをインストールすると、自動的に対象のフォルダに保存されたデータをストレージにアップロードします。その一方で、別の端末で編集したりアップロードしたファイルを自動的にダウンロードします。まさにドラえもんの四次元ポケットとDropboxは言えますね。

また複数人でファイルを編集すると、時間ごとにファイルの差分を記録し、後から好きな時間に戻ってファイルを復元することができる機能も搭載しています。

それに加えて、iPhone・Androidアプリも提供されています。Macで保存したファイルを後でiPhoneで確認したり編集することも簡単にできるのです!

スマートフォンのアプリでは、自動的に写真データをバックアップしてくれる機能もあります。これはMacからWebブラウザで写真をチェックできるので、iPhotoとは違い、必要なファイルをひとつひとつダウンロードできます。

通常はDropboxを使用できる容量は、2GBですが、プロプラン(月額1200円)に加入すると、1TBの容量を得られます。

Officeを使うなら、OneDrive


サブスクリプション型のMicrosoft Officeが販売されており、Macユーザーでもそのパッケージを購入し、使っている方も多いと思います。やっぱりOfficeを使うなら、オススメのオンラインストレージのOneDriveです。

もともと、OneDriveはWindows 10向けのオンラインストレージとして展開されていますが、MacでもOffice製品との親和性も高く、非常に便利なオンラインストレージです。

OneDriveが無料で使える容量は5GB。機能などはDropboxと似たような感じですが侮るなかれ。

例えば、Wordで作成したファイルの保存先をWord内で直接OneDriveにアップロードできたり、オンラインで他の人とWordファイルの編集ができるという特徴があります。また、OfficeのスマートフォンアプリからOfficeファイルもOneDriveでダウンロードして編集し、アップロードできるという点も魅了的です。

最近では、OfficeはiPad向けのアプリも配信されています。マイクロソフト製品以外にも、Office関連では非常に使い勝手のよいオンラインストレージと言えるでしょう。

最後に

「Macで使いたいオンラインストレージ」というテーマで、iCloud、Droobpx、OneDriveと紹介しましたが、他にもGoogleが提供するGoogle Drive、サーバ設置型のownCloudなど幅広くオンラインストレージがあります。

オンラインストレージは非常に便利ですが、仕事のデータを保存する際には企業のセキュリティポリシーに準拠しているのか確認する必要があります。紹介した3つのオンラインストレージではセキュリティ対策がしっかりとなされていますが、自分自身でもできるセキュリティ対策は行うようにしましょう。

-アプリ・周辺機器・ネットワーク, ネットワーク
-, , , , ,

Copyright© MacMac.jp , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.