Mac

016「どこでも My Mac」を利用して遠隔で画面共有をする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外出先から職場や自宅にあるPC(パソコン)を操作したい、といったことはないでしょうか?

そのような場合に、お互いのPCがMacであれば、今お持ちのMacから遠隔にあるMacを簡単に操作することができます。

職場のMacでのみしか管理できないファイルなどを閲覧したい時などに、非常に便利な機能ですよね。

今回は、「どこでも My Mac」を利用して遠隔で画面を共有する方法についてご紹介しましょう。

「どこでもMy Mac」の利用に必要なもの

「どこでも My Mac」を利用する場合、以下の条件を満たしている必要があります。

  • OS X Lion v10.7.5以降を使用しているMacである
  • iCloudアカウントを所持していて、両方のMacで同じアカウントを使用している
  • 両方のMacが300Kbps以上のインターネットに接続している
  • AirMacベースステーション、またはUPnP/NAT-PMP対応のインターネットルーターを使用している

「どこでも My Mac」の利用に必要なものについての詳細はAppleの公式ページもご参考ください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204618

iCloudのアカウントが必須になりますので、まだお持ちでない場合は登録をしておきましょう。
https://support.apple.com/kb/PH2609?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

「どこでも My Mac」の設定をする

条件が整っていることを確認したら、次は「どこでも My Mac」の設定に移りましょう。

設定方法は以下の手順になります。

1. 「システム環境設定」から「共有」を開く

Macの「アップル()メニュー」から「システム環境設定」を選択し、「共有」をクリックします。

2. 「画面共有」または「リモートマネージメント」を選択

「画面共有」または「リモートマネージメント」にチェックを入れます。

3. 必要があれば、ユーザーを選択する

「アクセスを許可」の項目で、「すべてのユーザ」または「次のユーザのみ」を選択します。

一覧に含まれるユーザーのみにアクセスを許可する場合は、「+」または「-」ボタンからユーザーを編集しましょう。

特にユーザーの指定がない場合は、初期値のままで良いでしょう。

4. iCloudを設定する

「システム環境設定」の画面に戻り「iCloud」をクリックしましょう。

まだiCloudにサインインしていない場合は、iCloudで使用するApple IDを入力して「サインイン」をクリックします。

5. 「どこでも My Mac」を選択する

サインイン後、 iCloud機能の一覧から「どこでも My Mac」を選択します。

以上の操作により、「どこでも My Mac」が有効になります。

注意点としては、上記の設定は、画面を共有したいMacの両方でおこなう必要がありますので、事前に遠隔にあるMacも同様の設定をしておきましょう。

遠隔にあるMacに接続する

1. Finderの「共有」項目に表示されているMacに接続する

「どこでも Mac Mac」の設定が完了すると、Finderに「共有」という項目が表示されますので、遠隔で操作したいMacが表示されていることを確認しましょう。

もし、Finderに「共有」という項目がない場合は、以下の手順で表示することができます。

①「Finder」から「環境設定」を選択
②「サイドバー」をクリックして、「共有」セクションの「どこでも My Mac」を選択

遠隔で操作したいMacが「共有」セクションに表示されていない場合は、「共有」という単語にポインタを置いて「表示」をクリックすることで表示されます。

2. 画面を共有する

「共有」項目に表示されているMacをクリックし、「画面を共有」をクリックします。

以上が、「どこでも My Mac」を利用して遠隔で画面共有をする方法になります。

画面共有を停止する方法

「どこでも My Mac」を利用した画面共有を停止するには、「システム環境設定」から「iCloud」を開き、「どこでも My Mac」の選択を解除しましょう。

「どこでも My Mac」が機能しない場合

「どこでも My Mac」に問題がある場合は、以下の方法も試してみましょう。

  • ソフトウェアをアップデートする
  • 設定と接続を確認する
  • 「どこでも My Mac」キーをアップデートする
  • iCloud サポートに連絡する

各項目の詳細についてはAppleの公式ページもご参考ください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT203907

まとめ

「どこでも My Mac」を利用して、遠隔で画面共有をする方法について見てきました。

必要な条件がそろっていれば、簡単な設定をするだけでお手持ちのMacから、遠隔にあるMacへ画面共有することができますね。

「大切なファイルを職場のMacに入れたまま外出してしまった」
「会議に必要な書類のデータを自宅で作業したまま置いて来てしまった」

といったような状況の時などには、ぜひとも利用していただきたいMacの機能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る