iPad

024 【お役立ち】Macで使いたいモバイルWi-Fiルーターをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外出先でMacを使いたいと思ったときに、クラウド時代の今日このごろ、インターネット環境がないと困ることが多いと思います。Dropboxにファイルがあるけれど、インターネット接続がないとダウンロードできないということもあるかと思います。

インターネット環境は、カフェでWi-Fiがあるから大丈夫、と思っていても、多くの端末がWi-Fiアクセスポイントに接続されていて、速度が遅く使い物にならない経験を筆者は何度も体験しました。

そうだ、モバイルWi-Fiルーターを持てばそんなイライラから解放されます!

モバイルWi-Fiルーターとは


モバイルWi-Fiルーターは、LTEなどの携帯電話回線と接続し、インターネットが利用できるWi-Fi電波を外出先などで出すことのできるデバイスです。原則として、Wi-Fiに対応している端末があるならば、WindowsやMac、AndroidやiPhone、iPadなど様々な端末でインターネットが利用できます。

モバイルWi-Fiルーターを使うのには

モバイルWi-Fiルーターを使うためには、モバイルデータ通信契約が必要です。主に、UQ WiMAX(KDDI系)、ワイモバイル(ソフトバンク系)、その他格安SIM(ドコモの回線を使う事業者が多い)との会社の契約になってきます。

UQ WiMAXについて


KDDI系のUQコミュニケーションズが提供するサービスです。最大440Mbpsもの速度に対応した回線を提供しています。ギガ放題プランを選択すれば、WiMAX 2+対応エリアでデータ通信を無制限で利用可能です。ただし、3日で10GB以上の使用があった場合には、3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)に1Mbps(YouTubeの動画がギリギリ見れる程度)の通信速度がかかってしまいますが、実際のところ、日中の利用に関しては通信制限はかからないと解釈しても大丈夫です。

エリアなども、東京・大阪・名古屋以外の大都市のほとんどがサービスエリアで、地方も使える場所が多くなっています。ただし、WiMAXの電波の特性上、地下や窓のない部屋での利用は厳しいことが多いです。しかしながら、プランによっては別料金となりますが、auのLTEを使える端末で通信するとつながる場合もあります。

筆者も現在、WiMAXを使っており、非常に満足しています。

ワイモバイルについて


ソフトバンク系のふてニャンでおなじみの会社です。モバイルWi-Fiルーターはワイモバイルでは「Pocket Wifi」として販売されています。WiMAXと同じく、「アドバンスモード」に設定をすればデータ通信を無制限で行うことができます。前日までの3日間の利用通信量が、約10GB以上の場合、当日18時から翌日1時まで1Mbpsに通信制限がかかります。

エリアはWiMAXと同じく、東京・大阪・名古屋以外の大都市でもほとんどが利用できますが、アドバンスモードの対応エリアでは地方は対応していないこともあります。ただし、標準モードでは、ソフトバンクの携帯電話と同じ電波を使えるので、エリアの心配はありません。

MacでおすすめのモバイルWi-Fiルーターをご紹介!

UQ WiMAX W04


W04は、WiMAX 2+とLTEに対応しています。液晶パネルでMacと接続する際に必要なSSID(ルーターの名前)とパスワードを表示することができます。

バッテリー持続時間も長く、10時間以上の連続通信ができるので、カフェでMacをインターネットにつなげるのにあたって、バッテリーの持続時間の心配はしなくて済みそうですね。auのLTEに対応しているため、地下にあるカフェや会議室などでも安心して使用ができます♪

格安SIM対応のNEC MR05LN


Macでインターネットをたまに使う場合、月1000円前後で格安SIMを契約してモバイルWi-FiルーターにSIMを挿入して使うのもナイスです☆

NECのMR05LNは、IIJmioやmineoといったNTTドコモやauの回線を借り受けてモバイルデータ通信を提供する会社のSIMカードを挿入できます。設定なども端末のタッチパネルを操作して行うことができる上、また主要な格安SIM会社であれば設定情報が保存されているので、初心者でも簡単にインターネット接続に必要な設定を行えます!

設計通信速度も下り375MbpsとUQ WiMAXやワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターと同等に戦えるほどの性能を持っています。

もし選ぶならIEEE802.11acの端末がおすすめ

最新のMacでは、Wi-Fiの高速通信規格・IEEE802.11acに対応しています。11acはWi-Fi端末とMacの通信速度が早い他、電波の安定性もしっかりとしているので、上記以外のモバイルWi-Fiルーターを選ぶ場合にはIEEE802.11acが使える端末を探すのがベストです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る